7月 19, 2017

ジャズ完全転向で ##など音符が見れなかったのが回復

1,2年前の投稿で、西洋クラシック曲でダブルシャープなどが読めなくなったというジャズの副作用をかいた。
今はクラシック音楽を本番で小曲くらい、しかもVoの裏で伴奏程度にしかやらないので、大した問題ではなく、また最悪書き替えて対応もできた。

でも今では クラシック音楽の練習量も多くしてもう5年なので 縦ノリ横ノリがスイッチ可能なまま、西洋クラシックも並行できるようになり、そうこうしているうちにまた ダブルシャープが普通に読めるようになった。
弦楽器はシャープの付け方が違い(̪̪シ♭をラ#と書くというような)、それに鳴れてきたら、こんどはフルートの楽譜で一瞬戸惑う、というようなことはある。

移調楽器の副作用はいまでもある。でも運指が決まっている楽器で、一般的な譜面の調性ならば、譜面があったり調が分かっているので、大した問題は出ない。でも聞いた音と出す音がずれるので、ジャズをメインにやっている人だったら、特にライブでのリクエスト曲や メンバーの転調してきて!とか、いきなり誰かのソロにオブリなどがあるので気を使うと思う。例えば nica‘s dreamは Gtはシャープ系への転調でもやったことがある。

思うに、こういう副作用があるから、私のように 本当に横ノリ音楽も心底好きでなければ、ジャズには手を出さないほうがいいと思う。横ノリ音楽+私はテンポにこだわる結果、(ドラム)セットではセンスが悪かったけど 単体リズム楽器なら少しだけ人より得意だったので、結果、大きな意味があった。

今やっている活動にはとても役に立っている。単純なのに難しいエフェクト楽器もあるけれども。